現状

首都圏では、
小学校受験、中学受験をする子ども達が年々増加しています。

当然ながら塾に通う子どもの数も相当な数です。

大手の進学塾によれば、東京都では
小学生の約4人に1人が、中学受験を経験しているそうです。

これは、東京都立の中高一貫校が、入試を実施したことが、
受験者を増やす要因になったと見られています

受験をするなら、小4から塾に通う、というのが定説で
小5では手遅れ、とまで言われることもあるそうです。
首都圏の受験熱はすごい事になっています。

今の子ども達の忙しさというのは、昔とは比較にならない状況で、
学校から帰宅するともう夕方、その後習い事などに行くとすると、
友達とゆっくり遊ぶ時間もなかなか取れなく、
公園で遊ぶ子ども達も、以前ほどは見かけなくなりました。
これは、良いか悪いかは別として切実な問題では無いかと思います。

塾選びは大切です。
カリキュラムなど学習内容だけでなく、先生との相性もあります。
少なくない費用をかけて塾に通うのですから、ぜひ、じっくり
比較検討して、本人とも相談して、決めてほしいと思います。

posted by masa at 10:08 | お受験

小さい頃から

学習塾・家庭教師、というと対象になる生徒は受験を目標とする中学生、高校生のイメージが強いですよね。
私も、学習塾・家庭教師、と言われると、中学生、高校生を思い出してしまいます。
しかし、東京都などには、幼児コースなどといった低年齢からの学習塾・家庭教師も存在しています。
少しでも、学力を向上させたいと思ったり、勉強する習慣を身につけたい、などの考えがあるようです。
小学校の低学年をターゲットにした学習塾・家庭教師もあり、勉強への姿勢は小さい頃から習慣づけることができるようになっています。
また、低年齢だけでなく、都立、国立など、目標とする学校別に勉強方針を変えている学習塾・家庭教師なども、あるようです。

勉強の方法というのは、目標をもっている人も、そうでない人も、自分に合った勉強方法をとることが重要になってくると思います。
自分の勉強方法を、理解するためにも、小さい頃から習慣づける、ということはとても大切なことになるのだなと思います。

近年の学習塾・家庭教師は、より勉強の効率をあげるため、個別指導が主流になってきています。
集中して勉強をできる環境が工夫されているといえるでしょう。
posted by masa at 10:45 | お受験

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。