個人学習塾と個別指導学習塾は似ているようで違います。


個人学習塾は
教師が1人か2人でやっていて生徒数も多くなく、主に近所の小中学生を集めて教えています。全員が中学受験を目指しているわけではないです。

教師と生徒の相性が良ければ指導の効果は高いです。ただ大手に比べ情報力に差があるので、その部分を補う努力をしている学習塾ならばいいのですが、努力していない学習塾もあるのでよく下調べをしておきましょう。

たいして個別指導学習塾は、

最近どんどん増えてきている新しいタイプの学習塾です。
個人指導が中心ですが、教師は複数の生徒を見るため家庭教師よりは経験を積んでいると期待できます。
苦手な教科のみを見てもらうことができ、弱点が克服できます。
ただ実績の判断が難しいです。中には学生アルバイトばかりといういい加減な学習塾もあるらしいのでやはり事前の下調べが重要ですね。

大手の学習塾に通いながら個人学習塾・個別指導学習塾・家庭教師で不得意科目を補うという受験生も多いので、お子さんに合ったやり方が一番だと思います。
posted by masa at 20:42 | 塾の善し悪し
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。