塾選び

塾を選ぶ際の基準として子どもの性格や学力、目標とする受験校のレベルなどを考えた塾選びが必要大前提となります。 そこで、選択できる塾のタイプは様々です。   
たいていの塾は
大手塾(地方展開している)と個人塾(教室数が少ない)
集団授業(先生が1クラス1人か2人)と個別指導(1人か2人に先生1人)
事前の情報収集は当然必要になりますし、又場所に関しても近所に有れば理想ですがそういうわけにもいかない事も有りいたずらにお子さんの体力を削るのも良い選択とは限りません。


大手塾の利点は、
合格実績が高く 大手塾は数多くの合格者を有名校に輩出しています。   
過去の実績がノウハウとして蓄積され、それに基づいた教材やカリキュラムがしっかりと用意されている為、安定した合格実績が有りますね。
競争力を鍛えられる 教室の数が多い為、常に競い合いながら成績向上を目指せる環境が有り、もまれて伸びる負けず嫌いな性格なお子さん、もしくはそういう環境で鍛えたいお子さんには最適です。ただし、これは欠点になる場合もあります。   

豊富な情報力 全国に展開するネットワークを活かした入試や学校情報などの蓄積が豊富に有り、それに基づいた独自のカリキュラムでオリジナルの教材を作ったり、志望校別で過去の問題を分析したテキストを用意し平均以上の安定した授業を受ける事ができます。
これが、大手学習塾の魅力の一つです。

posted by masa at 19:42 | 塾の善し悪し
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。