塾の基準

いい塾の基準があるとすれば、学力の向上ということに尽きますね。
学習塾や予備校は、学力の向上を目指すことが目的の教育機関のひとつであることは確かです。
しかし、学力の向上が必ずしも生徒ひとりひとりの人間的な成長を伴うとは限りません。人間的な成長もとても大事な事です。

ただ単に受験テクニックや勉強方法を学ぶためではなく、講師との信頼関係に基く相性なども大事ですね。
また、塾・予備校の方針や考え方に共感した教育を受けることで、通いたくなる学習塾を発見することが重要だと思います。

やはり学習塾講師も一人の人間なので、個々の相性もあり相性が悪ければ最悪だと思います。
それなら独学で勉強した方が良いと言うこともあります。
逆に相性がピッタシの良い講師に出会えれば人間的にも成長し、とても楽しくなると思います。
そのようなめぐり合いがあると、本人も努力をすると良い結果が出るということや熱心な講師や良い方針の学習塾・予備校での体験は後の人生で役に立つ経験になるはずです。

諦めずにあった塾を探しましょう!!
posted by masa at 18:05 | 塾の善し悪し
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。