経営形態


学習塾にも経営形態がありだいたい以下の形態が主だと思います。

大手学習塾
各地に教室をいくつも設置して、模試も大規模で実施できる進学教室です。
多くの生徒のデータの蓄積があり、情報量が多いため進路指導をする力があり、勉強が得意な子はどんどん先に進めます。
基本的に4教科全てを学習すし、駅近くに教室を構えることが多ようです。

中小進学塾
教室は2箇所程で、地域に根ざしている塾です。
独自の教材を使用しているかどうかがポイントであり、講師が生徒の顔を覚えているようなアットホームな雰囲気が特徴です。
子どもの個性を活かした指導内容や志望校の提案もしてくれるので、学校では進路相談出来なくてもこっちの方で、解決出来るかもしれません。

個人塾
講師が1人もしくは2人でやっていて生徒数も多くないです。
主に近所の小中学生を集めて教えており、受験を目指しているわけではないです。
講師と生徒の相性が良ければ効果が期待できますが、相性が悪ければ苦痛にしかなりません。1教科のみ指導というように教科を絞って指導をする塾もあるそうです。

自分の子供がどれにあっているかきちんと相談して選びましょう。
posted by masa at 10:22 | 塾の善し悪し
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。