現状

首都圏では、
小学校受験、中学受験をする子ども達が年々増加しています。

当然ながら塾に通う子どもの数も相当な数です。

大手の進学塾によれば、東京都では
小学生の約4人に1人が、中学受験を経験しているそうです。

これは、東京都立の中高一貫校が、入試を実施したことが、
受験者を増やす要因になったと見られています

受験をするなら、小4から塾に通う、というのが定説で
小5では手遅れ、とまで言われることもあるそうです。
首都圏の受験熱はすごい事になっています。

今の子ども達の忙しさというのは、昔とは比較にならない状況で、
学校から帰宅するともう夕方、その後習い事などに行くとすると、
友達とゆっくり遊ぶ時間もなかなか取れなく、
公園で遊ぶ子ども達も、以前ほどは見かけなくなりました。
これは、良いか悪いかは別として切実な問題では無いかと思います。

塾選びは大切です。
カリキュラムなど学習内容だけでなく、先生との相性もあります。
少なくない費用をかけて塾に通うのですから、ぜひ、じっくり
比較検討して、本人とも相談して、決めてほしいと思います。

posted by masa at 10:08 | お受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。