小さい頃から

学習塾・家庭教師、というと対象になる生徒は受験を目標とする中学生、高校生のイメージが強いですよね。
私も、学習塾・家庭教師、と言われると、中学生、高校生を思い出してしまいます。
しかし、東京都などには、幼児コースなどといった低年齢からの学習塾・家庭教師も存在しています。
少しでも、学力を向上させたいと思ったり、勉強する習慣を身につけたい、などの考えがあるようです。
小学校の低学年をターゲットにした学習塾・家庭教師もあり、勉強への姿勢は小さい頃から習慣づけることができるようになっています。
また、低年齢だけでなく、都立、国立など、目標とする学校別に勉強方針を変えている学習塾・家庭教師なども、あるようです。

勉強の方法というのは、目標をもっている人も、そうでない人も、自分に合った勉強方法をとることが重要になってくると思います。
自分の勉強方法を、理解するためにも、小さい頃から習慣づける、ということはとても大切なことになるのだなと思います。

近年の学習塾・家庭教師は、より勉強の効率をあげるため、個別指導が主流になってきています。
集中して勉強をできる環境が工夫されているといえるでしょう。
posted by masa at 10:45 | お受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。