個人学習塾と個別指導学習塾は似ているようで違います。


個人学習塾は
教師が1人か2人でやっていて生徒数も多くなく、主に近所の小中学生を集めて教えています。全員が中学受験を目指しているわけではないです。

教師と生徒の相性が良ければ指導の効果は高いです。ただ大手に比べ情報力に差があるので、その部分を補う努力をしている学習塾ならばいいのですが、努力していない学習塾もあるのでよく下調べをしておきましょう。

たいして個別指導学習塾は、

最近どんどん増えてきている新しいタイプの学習塾です。
個人指導が中心ですが、教師は複数の生徒を見るため家庭教師よりは経験を積んでいると期待できます。
苦手な教科のみを見てもらうことができ、弱点が克服できます。
ただ実績の判断が難しいです。中には学生アルバイトばかりといういい加減な学習塾もあるらしいのでやはり事前の下調べが重要ですね。

大手の学習塾に通いながら個人学習塾・個別指導学習塾・家庭教師で不得意科目を補うという受験生も多いので、お子さんに合ったやり方が一番だと思います。
posted by masa at 20:42 | 塾の善し悪し

大規模と小規模

学習塾でも大手進学塾はかなりあります。
日能研、SAPIX、四谷大塚、早稲田ゼミナールなど各地に教室をいくつも設置して模試も1,000人以上の規模で実施できる進学教室です。
多数の過去会員データの蓄積があり圧倒的な情報量を基にした進路指導をする力があります。
最近では日能研のように児童心理学などを研修で学んだ講師を配置するなど、きめ細かい配慮をするようになってきているようです。ですが、決められたカリキュラムのボリュームに消化不良を起こす生徒も少なくないそうです。
基本的に4教科(または2教科)全てを学習します。駅近くに教室を構えることが多く、通塾に時間がかかるのが欠点ですね。

それに対し中小進学塾では、
教室を1,2箇所程度持ち、多くは地域に根ざしている塾です。
独自教材を用いているかどうかがポイントですね。講師が生徒全員の顔を知っているようなアットホームな雰囲気があります。子どもの個性を活かした指導や志望校の提案もしてくれます。

どちらも長所短所を良く見極めた上で選ぶのが良いと思います。
posted by masa at 23:05 | 塾の善し悪し

塾選び

塾を選ぶ際の基準として子どもの性格や学力、目標とする受験校のレベルなどを考えた塾選びが必要大前提となります。 そこで、選択できる塾のタイプは様々です。   
たいていの塾は
大手塾(地方展開している)と個人塾(教室数が少ない)
集団授業(先生が1クラス1人か2人)と個別指導(1人か2人に先生1人)
事前の情報収集は当然必要になりますし、又場所に関しても近所に有れば理想ですがそういうわけにもいかない事も有りいたずらにお子さんの体力を削るのも良い選択とは限りません。


大手塾の利点は、
合格実績が高く 大手塾は数多くの合格者を有名校に輩出しています。   
過去の実績がノウハウとして蓄積され、それに基づいた教材やカリキュラムがしっかりと用意されている為、安定した合格実績が有りますね。
競争力を鍛えられる 教室の数が多い為、常に競い合いながら成績向上を目指せる環境が有り、もまれて伸びる負けず嫌いな性格なお子さん、もしくはそういう環境で鍛えたいお子さんには最適です。ただし、これは欠点になる場合もあります。   

豊富な情報力 全国に展開するネットワークを活かした入試や学校情報などの蓄積が豊富に有り、それに基づいた独自のカリキュラムでオリジナルの教材を作ったり、志望校別で過去の問題を分析したテキストを用意し平均以上の安定した授業を受ける事ができます。
これが、大手学習塾の魅力の一つです。

posted by masa at 19:42 | 塾の善し悪し

塾の基準

いい塾の基準があるとすれば、学力の向上ということに尽きますね。
学習塾や予備校は、学力の向上を目指すことが目的の教育機関のひとつであることは確かです。
しかし、学力の向上が必ずしも生徒ひとりひとりの人間的な成長を伴うとは限りません。人間的な成長もとても大事な事です。

ただ単に受験テクニックや勉強方法を学ぶためではなく、講師との信頼関係に基く相性なども大事ですね。
また、塾・予備校の方針や考え方に共感した教育を受けることで、通いたくなる学習塾を発見することが重要だと思います。

やはり学習塾講師も一人の人間なので、個々の相性もあり相性が悪ければ最悪だと思います。
それなら独学で勉強した方が良いと言うこともあります。
逆に相性がピッタシの良い講師に出会えれば人間的にも成長し、とても楽しくなると思います。
そのようなめぐり合いがあると、本人も努力をすると良い結果が出るということや熱心な講師や良い方針の学習塾・予備校での体験は後の人生で役に立つ経験になるはずです。

諦めずにあった塾を探しましょう!!
posted by masa at 18:05 | 塾の善し悪し

経営形態


学習塾にも経営形態がありだいたい以下の形態が主だと思います。

大手学習塾
各地に教室をいくつも設置して、模試も大規模で実施できる進学教室です。
多くの生徒のデータの蓄積があり、情報量が多いため進路指導をする力があり、勉強が得意な子はどんどん先に進めます。
基本的に4教科全てを学習すし、駅近くに教室を構えることが多ようです。

中小進学塾
教室は2箇所程で、地域に根ざしている塾です。
独自の教材を使用しているかどうかがポイントであり、講師が生徒の顔を覚えているようなアットホームな雰囲気が特徴です。
子どもの個性を活かした指導内容や志望校の提案もしてくれるので、学校では進路相談出来なくてもこっちの方で、解決出来るかもしれません。

個人塾
講師が1人もしくは2人でやっていて生徒数も多くないです。
主に近所の小中学生を集めて教えており、受験を目指しているわけではないです。
講師と生徒の相性が良ければ効果が期待できますが、相性が悪ければ苦痛にしかなりません。1教科のみ指導というように教科を絞って指導をする塾もあるそうです。

自分の子供がどれにあっているかきちんと相談して選びましょう。
posted by masa at 10:22 | 塾の善し悪し

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。